月別アーカイブ: 2015年6月

ユッカリーン 他

元々は公開するか迷った挙句に没としてサブ垢(おきばF)に投稿していた2枚ですが、改めて確認すると 何の問題ですか?(レ)と思ったので、こちらにうpし直します。

1枚目→巷では「悪魔憑き」というイメージが定着している彼女ですが、たまにはしおらしいゆかりんもどうでしょうか (14/10/23)

2枚目→ドーナツを召し上がる忍ちゃんです! (13/12/15)

ロックンロールは生きている

シアンちゃんprprにゃん!

■ 今回は初めてメイキング動画なるものに挑戦してみました!YouTubeとニコ動にうpしましたので、ぜひぜひご視聴くださいませ。また、感想や意見・提案などあればコメントをして頂けると非常に嬉しいです。

fantasy

♪「僕らは愛し合い 幸せを分かち合い 歪で大きな隔たりも越えていける」
例えばそんな願いを 誓いを 皮肉を 道連れに さあ旅立とう
日常の中のファンタジーへと♪

Mr.Children「fantasy」より

■ 1ヶ月ぶりです・・・とりあえず忙しさは一段落したので、またコンスタントに描いていけたらなと思います!

Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION LIVE VIEWING 感想

最高・・・いや、もう言葉では表せないほどの感動でした・・・。例えるなら、”ジェットコースター”のようでした(もちろん良い意味で)

イントロ の時点で思わず感極まって泣きそうになっちゃいました・・・w

Fantasy

BMWのCMでの印象とはほぼ真逆で風刺的でした。演出も相まって鳥肌が立ちっぱなしでしたw

ロックンロールは生きている

”ロック”も”ロール”も見事に生き返りました。SENSE以降ライブの定番となっている曲ですが、今回が間違いなく最高の演奏でした。

旅人

まずJENの掛け声で笑いましたw 中盤のアレンジも最高でした。

fanfare

ここでサニーが約10年ぶりに登場。アレンジはこれまでとほぼ一緒でしたが、とても盛り上がりました。

コバタケのピアノは過剰すぎてバンド(特に田原のギター)が死に体ということも多々ありましたが、サニーはしっかりと主役である4人を引き立てており、また蜘蛛の糸や放たれるのようなピアノ中心のバラードであってもしつこさがなくとても聴きやすかったです。

Melody

心地良い演奏で癒やされました。ピアノがメインの曲でも、今回のライブではギターもしっかりと聞こえました。

斜陽

去年末のFNS歌謡祭で初披露され、良い意味でミスチルっぽくないと感じた曲です。非常にライブ映えしますね、この疾走感がたまらないです。

Fight Club

2月の映画で初めて聴いて印象に残っていた曲ですが、今回も素晴らしかったです。ロック全開の演奏で田原の独壇場でしたw(CD音源では割りとポップなアレンジでしたが、これはこれで面白くて好きです)

I can make it

こちらも同じく2月から音源化を待ち望んでいましたが、シングル並みにクオリティが高いアレンジになっており、歌詞もまさに僕そのものでしたw

口笛

今回はスカパーや全国の映画館でライブ生中継で「大好きな人の歌声を残したい」ということで1番と大サビは観客による合唱になりました。アレンジは前回とほぼ同じです。2番のサビで座って揺れながら歌う櫻井さんが可愛すぎましたw

HANABI

櫻井さんの「金魚と水の話」が印象的でした。ツアーでは初めて原曲キーで演奏されましたが、ちょっと苦しそうでしたw

口がすべって

テレビ番組のガールズトークや「CMの後で」が少しだけ癪に障るという話から始まり、「テレビは消したりチャンネルを変えたりできるけど、ここ最近の常軌を逸した残酷な事件はそうしても簡単には切り替えられないモヤモヤが残ってしまう」ということで、この曲が演奏されました。最後のアレンジに心を打たれましたw

蜘蛛の糸

こちらも2月に初めて聴きましたが、妖艶で美しい世界観、まさに”蜘蛛の巣”へと見事に引き込まれて、何というかまた泣きそうになりましたw

REM

一昨年のサマソニ以上に鬼気迫る演奏でした。今回も大サビの「僕はどこにもいない」が1オクターブ下げて歌われていましたが、さすがにそれは仕方ないですねw

WALTZ

今回のライブで初めて聴きましたが、とてつもない衝撃でした。もう圧倒されっぱなしで、Cメロの「殺して!!」というシャウトでは魂が揺さぶられすぎて昇天しかけました。ダークなミスチルの真骨頂と言える曲でした。バックスクリーンの女性と手を取って踊る演出も強く印象に残っています。

放たれる

2月の映画と同じくアカペラで始まりました。REMとWALTZでシャウトしまくった直後なのに声が安定しており、さすがだと思いましたw

進化論

365日と同じような演出で、最初に進化論についての解説が入りました。2月の時点では地味だなーと思ってましたが、全くそんなことはなくリード曲の1つとなり得る出来でしたw

足音~Be Strong

今回も非常に力強く心のこもった演奏で心を打たれました。これまでも、そしてこれからも、何かに迷って立ち止まったとき、大きな絶望に足がすくんでしまうとき、この曲は僕を支えてくれると思います。

幻聴

2月の時点で最も気に入っていた曲でしたが、改めて聴き惚れましたw個人的にはこの曲もシングル級だと思ってます。一緒に叫びたかった・・・。

Everything (It’ you)

近年はコバタケによるピアノ中心のアレンジで演奏されていましたが、2月の映画と今回のライブではバンドの音色に戻っています。大サビのアレンジが好きです。

エソラ, Marshmallow day

この2つもライブの定番ですが、特にコバタケ色の強い曲だったので彼がいなくなってアレンジはどうなるんだろうと気になってました。今回はピアノが控えめで、ギターもベースもしっかりと活躍しており、ロク生と同じく過去最高の演奏だと感じました。

Starting Over

今回がツアーの最終日なので新曲のどれかを特別に演奏してくれると密かに期待していましたが、見事に的中しましたwTHE・青春という感じで、とても元気の出る曲です。

未完

本アルバムのリード曲であり大きなテーマです。とある映画で「創作家の寿命は10年」という言葉がありましたが、全くの嘘っぱちだということをミスチルは目の前で証明してくれました。”作りたい!”という強い気持ち、そして何も恐れず何にも縛られず、より良い作品を追い求めていく心があれば、いつまでも生き続けられるということを教えてくれました。