HAPPY NEW YEAR 2014

あけましておめでとうございました!

今年こそは・・・!(切実)

今回の児童ポルノ改正法案について個人的な見解をば。

「児童ポルノ禁止法」一部改正法案の概要

まず、児童ポルノの単純所持によって性的好奇心を満たす、という個人的な行為によって特定の人物に迷惑が及ぶことはない。
さらに麻薬や覚せい剤のように病的な依存性をもたらす(廃人にする)ことはない。

児童ポルノが反社会的なコンテンツなのは否定できないと思うし、不特定多数が意図せず閲覧し得るような公共の場所に流すのは控えるべきである。でも児童ポルノの利用者が”犯罪”という特定の人物に対して被害を発生させる行為に走りやすくなるという根拠はないので、作成や所持、及びR-18に分類し、相互が了承した上での公開または配布、売買を規制するというのは創作という文化的行為に対する弾圧であり、表現の自由を害している。

まあ今回の改正案でも漫画などの創作物は”検討規定”で止まってるので、可決されても僕らに対して特段の影響はないとは思われますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>